MAM-07 GRUBLO(グラブロ)

シルバーアクセサリーブランド“GLAM SCALE”[グラムスケイル]の日山聖也による製作の現場や、イベント、日々のくだらないネタなど満載のブログです★
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 【重要】イベントと近況 | main | 【イベント】Hard Eight ゲスト参戦 >>
# undead
最近ネットを見ていると好きだったアーティストや俳優なんかが死ぬと

タイムラインがR.I.P×2で埋まって
なんだかそれに乗っかってしまうと
自分の気持ちが薄まってしまうようで、
デヴィッドボウイの時も結局落ち着いてから書こうと思っているうちにだいぶ過ぎてしまいましたが(笑)





私の小学校からの憧れで、先生で友人であったとても大切な人が先日亡くなってしまいました。
密葬も終わったとのことで昨晩知りましたが、そこから思い出をひとつ思い出しては涙が止まらず…

当たり前ですが私の歳の頃だとまだ友人が亡くなることはなかなかありません
増してや他に無い自分にとって唯一の距離感の人間でした。




初めての出会いは個展を開いてらっしゃるところへ出向いた時でした。
その頃私は人に騙され借金をしたりしてその埋め合わせもしなければならず、正直自暴自棄であったし
自分のライフワークに対しても金を稼がなければならないという強迫観念も有り苦痛しか無かった頃でした。
その時は苦痛かどうかもわからなくなっていましたが(泣笑)

まさか本人がいるとは思わないところで、緊張してうまく話せない私に笑顔で気さくに話しかけてくださいました。


たぶんあの出会いがなければ!
あの言葉がなければ!!


僕はすでに作家活動の自信を失い、嫌いになって投げ出していて、
人を信じるとかそういった暖かい部分を無くしてしまって、

何もかも失ってしまっていました。



"思います"とか曖昧な言葉じゃなく
本当に僕の人生にとっての灯台でした。

僕が暗闇の中で人生の道筋を見失った時そっと暖かな光で照らしてくれました。


僕にとって兄で、父で、憧れの全てでした。




友が亡くなるのはこんなにも悲しいんだとは思いませんでした。
思い出ひとつ取り出しては涙腺が止まらず昨日から全く仕事が手につきません。



52歳流石に早すぎるよ!
急だよ!!
もっと色々話したかったし、
教えて欲しかったし、
遊んで欲しかった!!

なんで去年後半の自分のイベントタイミング重なりすぎちゃったんだろう
逢いたかったよ。


今思うと年賀状そういうことだったのかなって。



たくさんたくさん貰った心とか言葉とか僕の中でずっとずっとこの先の人生抱えて生きます。
明日からはまた強く生きるから
今日だけはごめん

今はこの悲しみすらやがて色あせるんじゃないかと思うとそれすら不安になる



でも絶対に消えなくてundeadであり続けるはずだよ



これ書いていて、感情が昂ぶってしまって文字も涙で全然見えなくて
わけわかんなくて、完全に誰かに見て欲しいとか声かけて欲しいとかじゃなく


今わかった

本人への手紙だったのかな?って思う


これ以上心配かけたく無いしあんまり弱気なことは書かないようにするね


ありがとう


ありがとう


ありがとう


おやすみにらどん。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:24 | category: - |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:24 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://glam-scale.jugem.jp/trackback/735
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Others
Search this site
Sponsored Links